最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

コンサート

バナースタンドとは、ターポリンやクロス生地などのシートに、こちらがアピールしたい内容を印刷したものを骨組みに張り付けて展示するスタンド看板です。
他の看板と比較して骨組みが目立ちにくいので、広告内容を前面にアピールすることができます。
また、骨組みをたたむとコンパクトに収納することができ、重さも軽いので、移動させることの多いイベント会場などではとても多くのブースで活用されています。
簡単な作りなのでコストも通常の看板を作成するよりリーズナブルです。
印刷したシートのデザインを変更するだけで広告内容を変更することができます。
季節ものの広告など、短期間のアピールが必要な場合は、うってつけの広告と言えます。

バナースタンドのもうひとつの魅力は広告できる面の大きさです。
幅が80センチで、高さが2メートルくらいの長さのものも既成サイズをして作成できます。
2メートルというと、通常の人の頭より高い位置になります。
ものによっては天井まで届くようなサイズのものを作成することができます。
このように大きな面を使ってアピールできるので、通常の看板と比較すると格段にインパクトがあります。
大きな広告を作るために、A3くらいの小さな紙をはりあわせて作成された経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、スマートでインパクトのこの広告を使ってみるのもいいかもしれません。
予算的にもリーズナブルなので、試してみる価値はあると思います。

とは言ってもバナースタンドはシートに印刷しただけのものです。
耐久性のあるシートを選んで作成していますが、強さには限界があり、常設には向きません。
一時的なイベントや、季節ものの展示など、一定期間の広告に使用します。
常設の大きなサイズの展示をお考えなら、屋内での展示の場合は、パネルにはる、などの加工が必要です。
さらに風雨にさらされる屋外だと、防水加工なども必要になるので、作成方法を大きく見直す必要があります。
とは言っても、表面のデザインができないから、とお困りかもしれません。
専門のデザイナーがいる業者も多いので、業者に相談してみると、かっこいいデザインが提案されることもあります。
より多くのお客様を獲得するために、よりよい広告ができるといいですね。

オススメリンク

イベント会場

バナーでの表示

最近、イベント等の際の表示で有効だと注目を集めているのがバナースタンドです。
従来、こういった表示はパネルで行うものであり、パネルであっても特に不都合はないのですが、バナーの場合は、より利便性が高いと言えます。
近年、...Read more

関連リンク